愛知県で独立した調剤薬局

ここ愛知県内にも多くの店舗がある薬局。今では大型の店舗も多く、医療品以外にも様々な商品を購入するためにたくさんのお客さんが来店しています。

ところで、みなさんはこうした薬局のなかでも特に調剤薬局について大きく2種類があることについてご存知でしょうか。まず一つめには、主に大衆薬を販売しており、病院からの処方箋も受け付けてもらえるような独立した調剤薬局があります。これは、いわゆる一般薬局と呼ばれるものです。もうひとつは、病院からの処方箋受付を専門としている調剤薬局があり、こちらが一般的には調剤薬局と呼ばれています。調剤薬局にはその要件が行政のガイドラインで明確に定められており、それにかなった店舗が営業できるということになり、調剤薬局の専門性が高くなればなるほどそのガイドラインを厳格に守っていると言われます。

愛知県内で独立した調剤薬局を利用する際は雑学としてこういった知識も持っているとおもしろいのではないでしょうか。

調剤薬局で独立

愛知県内の各地に多くの店舗をみることができる調剤薬局。大きく分けると独立してやっている個人経営の調剤薬局と大型調剤薬局の二種類に分類することができます。

最近では、前者の独立した個人経営薬局が厳しい経営状況を強いられていると言われています。法律によって薬価や薬剤師の調剤技術基本料が定められているのになぜそのような差が生まれてしまうのでしょうか。

一つには抱える薬剤師の数の違いが挙げられます。調剤薬局では緊急時の備えのために、控えの薬剤師を確保していなければなりません。個人経営の薬局はそのための費用が固定費となり経営を圧迫する状況にあるようです。ところが、大手の調剤薬局の場合は店舗間で薬剤師の移動が可能であり、そういった流動性のために余分な固定費用がかからないそうです。また、当然個人と大手の店舗とでは取り扱う商品の量に大きな差があるため、仕入れ価格にも違いがでてきます。

以上のようなことが原因となり、愛知県内においても、独立した個人経営の調剤薬局は店を閉店させるか、大手の傘下に入らざるを得ないというのが現状のようです。

身近で独立して営業している調剤薬局

私がお世話になった調剤薬局は2件ほどありますが、それぞれ別の方が独立して営業をしているので、調剤薬局の設備も店によって異なると思いました。2件しかお世話になってないのでまだまだ調剤薬局については知らない部分もありますが、お客にとって嬉しい設備もありました。
1つがアルカリイオン水があった事です。個人的にも健康に興味があってアルカリイオン水は健康的にも良いのでそれが飲めるとなると嬉しい限りです。もちろん飲み放題だったので何杯も飲んだ事を覚えています。

また大型テレビもあったので薬をもらうまでには時間がかかる時があるのですがテレビがあるとその待ち時間の暇つぶしになるのです。ですのでテレビを見ているとあっという間に待ち時間が過ぎてしまいます。この2つの設備があった事は助かりました。

また独立開業している調剤薬局は基本は病院から処方された薬を受け取る場所として有名ですが普通の薬局みたいに薬も豊富に販売している所もあったのです。ついでに簡単な薬を買うのには助かりますし、栄養ドリンクも売っていたので健康的に購入することもありました。

丁寧な受け答えで安心できる独立した調剤薬局

私自身は、幸いあまり病気になる事もなく、病院や調剤薬局のお世話になる事はあまりないのですが、私の主人と子供は、あまり体が丈夫ではなく、二人とも持病をもっているので、毎月、病院にかかりその隣で独立して営業している調剤薬局のお世話になっています。

私の住んでいる街は、病院は少ないのですが、独立営業している調剤薬局は本当にたくさんあって、病院の近くにあるのはもちろんですが、あちこちにあるので、薬をもらうにはとても便利だと思っています。
特に、私がいつもお世話になっている調剤薬局は、病院から自宅に帰る途中にあり、昔からお世話になっている薬局です。

そこにいる薬剤師さんも、とても感じがよく、薬の事でわからない事や疑問に思った事がある時は、どんな些細な事でも、笑顔で丁寧に答えてくれるのが印象的です。
お年寄りの方も、多く訪れる調剤薬局なんですが、間違った薬の服用を防ぐために、お薬手帳などを使って教えていたりして、とても良いと思います。
これからも、ずっとお世話になりたいという気持ちになる調剤薬局です。

独立した調剤薬局は身近な健康相談スポット

街のあちこちで独立して開業しているのを見かける調剤薬局。一般的には「医師からの処方せんでお薬を調剤してもらうところ」として知られています。でも調剤薬局は、処方せんを持っていくだけではなく、ちょっと具合が悪いなと思ったときにも入って相談できる便利なお店です。

お店には健康について相談できる薬剤師がいます。体調がどのように悪いかを伝えると、処方せんがなくても買える一般用医薬品で対応できる場合は、薬剤師がいちばん症状に合うと思うものをおすすめします。一般用医薬品はいくつかの種類に分かれていますが、処方せんで出される成分と同じ切れ味のよい薬(第一類医薬品)は薬剤師でなくては販売することができません。調剤薬局には必ず薬剤師がいますので、いつ行っても安心です。

もちろん、医師に診てもらう必要があると薬剤師が判断した場合は、必ずしもお薬をおすすめするのではなく、医師への受診をおすすめします。
このような独立して営業している「調剤薬局」を身近な健康相談スポットとしても、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

独立して親しみ深さのある調剤薬局を目指す

私は10代の頃から婦人系の疾患を患って、産婦人科通いをしています。
そして、隣にある独立した調剤薬局で、ずっと処方をお願いしています。

処方箋の内容を見れば、私がどう言う疾患でその薬を処方されているのかは、薬剤師の方はわかっているでしょう。
「お加減いかがですか?」「その後調子はいかがですか?」
そんな普通の声かけさえ、負担になることもわかってくれていて、本当に必要なこと以外は何も言わず、聞かず、ただただにこやかに対応して頂いていました。

そんな状態が10年ほど続いていたある日、私は難しいと言われていた妊娠が叶いました。
薬もしばらく必要はなくなり、調剤薬局は通り過ぎて帰っていたのですが、妊娠後期、貧血がひどくなり、今度は鉄剤を処方して貰うことになりました。

久しぶりの薬局で、またいつものように挨拶だけして帰るものと思っていたら、「ご妊娠されたんですね。本当、良かったですね。」と、顔見知りの薬剤師さんが、私の大きなお腹を見て、更ににこやかな表情で声をかけてくれたのです。

沢山の患者さんが出入りするであろう調剤薬局。
勿論、処方の記録は残っているのだと思います。
けれど、私のことを個人的に覚えてくれていたこと、負担を知ってくれていたこと、そして、妊娠を喜んでくれたことがとてもうれしく、泣きそうになったのを覚えています。

独立して営業する調剤薬局は事務的な仕事しかしてくれないところも増えていて、それを好む患者さんもいるでしょう。
けれど私は、ある程度の親しみ深さのあるこちらの薬局をこれからも利用したいと思っています。

私の大好きな独立開業した調剤薬局

幼稚園に通っている娘がアレルギーがあり、今年の花粉症の季節は特にひどく、中耳炎も併発してしまい、約3ヶ月間、毎週のように駅前の耳鼻科に通っていました。
いつも処方箋をお願いする調剤薬局は、駅前の大型商業施設の中のクリニックモールの中で独立開業した店舗で、薬の用意が出来るまで、椅子に座って待っていてもいいのですが、私はいつも「あとで薬を取りに来ます」と一言声をかけて、商業施設内のスーパーなどで買い物をしてから、薬を取りに戻ることが常でした。

やはり小さい子どもを連れていると、薬局内で風邪など他の病気が移ってしまう心配もありますし、当然、落ち着いてずっと座っていることなどできません。

外出し、他のお店で暇をつぶせるのはとても便利で、耳鼻科以外の小児科などに行った場合でも、その独立した調剤薬局についつい足を向けてしまうのでした。

3ヶ月も毎週通っていると、すっかり顔見知りになり、「○○です」と名乗らなくても、お薬がでてくるようになってしまって、店長さんのおじさんが「まだなおらないね」とか「おくすりにがいけどがんばってね」とか、ニコニコして子どもに声をかけてくれるので、普段人見知りの子どももすっかりなついてしまうのでした…

信頼できる独立した調剤薬局とは

通院の際に、処方された薬剤は、調剤薬局で受取る事になって、かなり経つかと思います。
利用している医院は、最寄り駅のビル内に入っていますので、当然、調剤薬局もそちらのビル内の薬局を利用しています。

以前、時期は違うのですが、皮膚科と内科で同じ薬剤を処方してもらった事がありました。
自分では、薬剤の名前まで把握していなかったので、独立した調剤薬局で、以前、別の病院で処方されたものと同じである事、などを説明していただき、こういう時に、調剤薬局は、便利なのだなと感じた事があります。
と、同時に、どれだけ、無頓着に、処方される薬剤をそのまま利用していたのだと、怖い思いもありました。

今は、調剤薬局でお薬手帳の配布もされていますが、中々、利用するまではいきません。
通院しなくなると、どこかへ紛失してしまう事が多いです。
同じ調剤薬局を利用していれば、薬剤の処方の履歴が管理されていると思うと、安心できそうです。
それよりも、それぞれ独立して別の場所で営業している調剤薬局で管理しているデータを全国的に共有してもらえるのが一番だと思います。

最近独立した調剤薬局事情

昔と違い、病院へ行くと院外処方が多くなった為、調剤薬局に行く回数が増えた。病院がいくつもある地域では、いくつも独立した調剤薬局が存在する。

その中で選ぶ基準というのは人それぞれだろが、まずは清潔感。しかし、あまりに待ち時間が長いようではリピートなんてあり得ない。
お客様の人数に対してのさばき方が重要ではないだろうか。
同じ薬を調剤しているのに、薬剤師の動き方で、スピードも決まってくる。

最近では必ずあるのが、ウォーターサーバー。
すぐに、薬を飲めたり、喉を潤してほしいという心遣いからだろうが、以外にも子供に大人気なようだ。水を自分で汲む行為が楽しいらしい。
何度も汲むような子は、親に叱られているのを見かけるが、だいだいの子は嬉しそうに母親に「はい、どうぞ。」と笑顔で持っていく。
そのような光景を見て、微笑んでいるような受付がいるようなところは本当に雰囲気も良い薬局だと思う。

最近独立した調剤薬局は昔にくらべると、しっかり教育されているからか、きちんとした言葉遣いや丁寧な接客で、癒されているお客様も増えているようだ。
何にせよ、やはり弱っている時には癒される場所が多くあるのは良いことである。

調剤薬局が独立していった理由

調剤薬局について、まず考えてみましょう。
なぜ調剤薬局が出来たかというと、利用者のことを考えてのことです。昔は病院にある薬局がすべてを請け負って薬の処方ををしていました。しかしこのシステムだと大勢の方への対処によって処方や会計に多大な時間がかかっていました。

そこで「医薬分業」というものが行われ、独立した調剤薬局があちらこちらに出来たというわけです。
医者の処方箋さえあれば、調剤薬局ならどこで処方してもらってもいいわけです。
ですので複数の医療機関などを利用している方は複数の調剤薬局のお世話になるよりも、信頼出来る調剤薬局に一極集中した方が効率もいいですし、複数の調剤薬局に個人情報を渡すよりも個人情報を守ることにもなります。

家から出来るだけ近いから、という理由だけで調剤薬局を決めることも一つの手ではありますが、現在はさまざまな方が独立して調剤薬局を営んでおり、サービスの違いなどもありますので、いろいろ調べてみましょう。在宅医療を受けている方に薬を届けてくれて、さらには事細かに薬の説明をしてくれたり、医療廃棄物を引き取ってくれる調剤薬局などもあります。

サービス内容も大事ですが、なによりも大事なことは「信頼」ができる調剤薬局に出会うことでしょう。