調剤薬局で独立

愛知県内の各地に多くの店舗をみることができる調剤薬局。大きく分けると独立してやっている個人経営の調剤薬局と大型調剤薬局の二種類に分類することができます。

最近では、前者の独立した個人経営薬局が厳しい経営状況を強いられていると言われています。法律によって薬価や薬剤師の調剤技術基本料が定められているのになぜそのような差が生まれてしまうのでしょうか。

一つには抱える薬剤師の数の違いが挙げられます。調剤薬局では緊急時の備えのために、控えの薬剤師を確保していなければなりません。個人経営の薬局はそのための費用が固定費となり経営を圧迫する状況にあるようです。ところが、大手の調剤薬局の場合は店舗間で薬剤師の移動が可能であり、そういった流動性のために余分な固定費用がかからないそうです。また、当然個人と大手の店舗とでは取り扱う商品の量に大きな差があるため、仕入れ価格にも違いがでてきます。

以上のようなことが原因となり、愛知県内においても、独立した個人経営の調剤薬局は店を閉店させるか、大手の傘下に入らざるを得ないというのが現状のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です