調剤薬局が独立していった理由

調剤薬局について、まず考えてみましょう。
なぜ調剤薬局が出来たかというと、利用者のことを考えてのことです。昔は病院にある薬局がすべてを請け負って薬の処方ををしていました。しかしこのシステムだと大勢の方への対処によって処方や会計に多大な時間がかかっていました。

そこで「医薬分業」というものが行われ、独立した調剤薬局があちらこちらに出来たというわけです。
医者の処方箋さえあれば、調剤薬局ならどこで処方してもらってもいいわけです。
ですので複数の医療機関などを利用している方は複数の調剤薬局のお世話になるよりも、信頼出来る調剤薬局に一極集中した方が効率もいいですし、複数の調剤薬局に個人情報を渡すよりも個人情報を守ることにもなります。

家から出来るだけ近いから、という理由だけで調剤薬局を決めることも一つの手ではありますが、現在はさまざまな方が独立して調剤薬局を営んでおり、サービスの違いなどもありますので、いろいろ調べてみましょう。在宅医療を受けている方に薬を届けてくれて、さらには事細かに薬の説明をしてくれたり、医療廃棄物を引き取ってくれる調剤薬局などもあります。

サービス内容も大事ですが、なによりも大事なことは「信頼」ができる調剤薬局に出会うことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です