私の大好きな独立開業した調剤薬局

幼稚園に通っている娘がアレルギーがあり、今年の花粉症の季節は特にひどく、中耳炎も併発してしまい、約3ヶ月間、毎週のように駅前の耳鼻科に通っていました。
いつも処方箋をお願いする調剤薬局は、駅前の大型商業施設の中のクリニックモールの中で独立開業した店舗で、薬の用意が出来るまで、椅子に座って待っていてもいいのですが、私はいつも「あとで薬を取りに来ます」と一言声をかけて、商業施設内のスーパーなどで買い物をしてから、薬を取りに戻ることが常でした。

やはり小さい子どもを連れていると、薬局内で風邪など他の病気が移ってしまう心配もありますし、当然、落ち着いてずっと座っていることなどできません。

外出し、他のお店で暇をつぶせるのはとても便利で、耳鼻科以外の小児科などに行った場合でも、その独立した調剤薬局についつい足を向けてしまうのでした。

3ヶ月も毎週通っていると、すっかり顔見知りになり、「○○です」と名乗らなくても、お薬がでてくるようになってしまって、店長さんのおじさんが「まだなおらないね」とか「おくすりにがいけどがんばってね」とか、ニコニコして子どもに声をかけてくれるので、普段人見知りの子どももすっかりなついてしまうのでした…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です