独立した調剤薬局は身近な健康相談スポット

街のあちこちで独立して開業しているのを見かける調剤薬局。一般的には「医師からの処方せんでお薬を調剤してもらうところ」として知られています。でも調剤薬局は、処方せんを持っていくだけではなく、ちょっと具合が悪いなと思ったときにも入って相談できる便利なお店です。

お店には健康について相談できる薬剤師がいます。体調がどのように悪いかを伝えると、処方せんがなくても買える一般用医薬品で対応できる場合は、薬剤師がいちばん症状に合うと思うものをおすすめします。一般用医薬品はいくつかの種類に分かれていますが、処方せんで出される成分と同じ切れ味のよい薬(第一類医薬品)は薬剤師でなくては販売することができません。調剤薬局には必ず薬剤師がいますので、いつ行っても安心です。

もちろん、医師に診てもらう必要があると薬剤師が判断した場合は、必ずしもお薬をおすすめするのではなく、医師への受診をおすすめします。
このような独立して営業している「調剤薬局」を身近な健康相談スポットとしても、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です